こんにちは。弁護士の井上です。

交通事故で被害者になることは他人事ではありません。

もしかしたらこの記事を読んでいるあなたも,交通事故の被害者になってしまい,この記事にたどり着いたのかもしれません。

 

「示談金額を提示されたけど,妥当なのか分からない…」

「弁護士に相談すれば賠償金はもっと増えるの?」

 

今回はこのような疑問にお答えできればと思います。

この記事では,交通事故の被害者になったときに知っておきたい賠償金のあれこれや,弁護士に相談するメリット等をご説明します。

 

交通事故の賠償金を決めるのは誰?

交通事故の被害者になった場合,事故によって治療費,休業損害,逸失利益,慰謝料等の様々な損害が発生することとなります。

これらの賠償金は,誰に請求するでしょうか?

 

法律上は,交通事故を起こした加害者に対して支払いの請求をすることとなります。

しかし実際に交渉する際に窓口となるのは,加害者の加入している損害保険会社です。

 

ここで注意したいのが,賠償金,特に慰謝料の支払基準は,保険会社と裁判所とで差があるということです。

保険会社の決めた金額が,裁判で決まる金額と大きく異なることも珍しくありません。

 

ただ被害者の方にとっては,保険会社からの提示額もそれなりの金額に思えるようです。

言い換えると,裁判基準は,一般の人が思っているよりも高いと言えるのかもしれません。

このため,保険会社は自らの(実は低額な)賠償基準を被害者に提示し,示談を目指すのだろうと考えられます。

 

 

弁護士に相談するメリット

弁護士に相談するメリットは,賠償金が増える可能性があるということです。

 

保険会社から示談金額の提示を受けたものの,納得がいかず法律事務所へ。

弁護士交渉や訴訟をすることによって,当初の提示額から二倍以上の金額になることもあります。

 

 

実際の依頼者の声

私が依頼をお受けしてきた中で,被害者の方からいただいた印象的な言葉がありました。

訴訟が終わって賠償金をお渡しする際に,「こんなにもらっていいんですか?」とのこと。

 

この方は交通事故の被害に遭い,後遺障害の認定請求をしたものの,後遺障害にあたらないとされて来所された方でした。

 

当事務所で後遺障害認定に対する異議申し立てをし,その結果後遺障害と認められることに。

最終的には訴訟をした上で,賠償金の支払いを得ることができたんです。

そのときに,依頼者の方はこんなにもらえるのか?と思われたよう。

 

しかし実際この方は,加害者の過失で事故に遭い,長期間通院を余儀なくされています。

仕事上も生活上も多大な支障や苦痛を受けているのですから,裁判所の基準上,妥当な金額が認められただけでした。

こういうケースは,珍しいものではありません。

 

 

まとめ

交通事故は,精神的にも身体的にも苦痛を伴うものです。

「一人でお金のことまで考える余裕はない」という方も少なくありません。

いざというときに後悔しないために,専門家の手を借りるのもひとつです。

 

保険会社から提示された示談金額に少しでも疑問を抱かれたら,弁護士に相談することも検討してみてください。

 

 

 

井上法律事務所では無料相談を受け付けています。

一人で悩んでいて前に進めないという方は,ぜひご相談ください。

  • 井上法律事務所の無料相談についてはコチラ
  • 無料相談のご予約はコチラ