無料相談で不安を安心へ | 広島市の井上法律事務所

費用について

費用については、必ず、明確にご依頼前に説明いたします。

残念なことですが、「弁護士の費用はいくらかかるか分からない。」「弁護士に頼むと高くつきそうで不安だ。」と、弁護士への依頼をためらう方も多くおられます。
当事務所では、ご依頼前に必ず、事件のおおまかな見通しと、費用についてご説明をいたします。
まさに弁護士を必要としている方が、費用等の不安のために相談をためらっておられるとしたら、とても残念なことです。
当事務所では、依頼者の方が気兼ねなく弁護士に相談できる環境を作りたいという想いで、初回40分間の無料相談をおこなっております。

なお下記の料金については、すべて消費税別となっております。

 

法律相談料金のご案内

時間帯 相談料金
平日9:00~18:00 5,000円/30分
平日18時以降および土日祝 6,000円/30分

インターネットを見ていらっしゃった相談の方は、初回に限り40分無料(平日の日中のみ)

また、持病があったり、ご高齢のために外出が困難な方のために、出張法律相談も行っております。

出張法律相談:1回2万0000円(広島市旧市内の場合、相談時間1時間まで)

弁護士費用について

弁護士費用については、基本的に、着手金、成功報酬制をとらせていただいております。

費用 説明
着手金 弁護士が事件の処理の始めにお支払いいただく弁護士費用
報酬金 事件処理が終了したときにお支払いいただく弁護士費用

交通事故の弁護士費用

当事務所では、交通事故の被害者の方が弁護士への依頼をしやすくするため、着手金を0円とさせていただいております。

弁護士費用特約がある場合は、LAC(日弁連リーガル・アクセス・センター)の基準により、保険会社へ弁護士費用を請求します。(依頼者の方の自己負担は基本的にありません。)

着手金 報酬金
0円 示談交渉で終了した場合 保険会社の提示がない場合 10万円+支払を受けた額の10%
保険会社の事前提示がある場合 10万円+増額分の20%
訴訟まで行った場合 保険会社の提示がない場合 20万円+支払を受けた額の10%
保険会社の事前提示がある場合 20万円+増額分の20%

任意整理の弁護士費用

着手金 報酬金
3万円/1社 なし

(減額報酬を依頼者に請求する事務所も多いようですが、
減額報酬は、引直計算の結果当然に減額されるものですから、
当事務所では減額報酬はいただいておりません。)

個人破産・個人再生の弁護士費用

種類 費用
自己破産 30万円
自己破産(個人事業主) 40万円~
個人再生 40万円

離婚事件の弁護士費用

着手金
離婚交渉 20万円
交渉から調停に移行する場合 +10万円
調停から訴訟に移行する場合 +20万円
報酬金
交渉による解決の場合 経済的利益の15%(最低額20万円)
調停による解決の場合 経済的利益の15%(最低額30万円)
訴訟による解決の場合 経済的利益の15%(最低額50万円)

婚姻費用、養育費等の継続的な給付についての経済的利益は、2年分を基準として算出させていただきます。

不貞行為に基づく慰謝料請求

着手金 報酬金
10万円~30万円 経済的利益の15%

相続関係の弁護士費用

遺言書作成

費用 備考
10万円~30万円 遺言書の内容による

遺産分割事件、遺留分減殺請求事件

着手金 回収金額(または評価額) 報酬金
事案の難易により、20万円から50万円 300万円以下の場合 回収金額(または評価額)の16%
300万円を超え3000万円以下の場合 回収金額(または評価額)の10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 回収金額(または評価額)の6%+138万円

いずれも、標準的な事案の場合であって、事案の難易によって、金額を増減させていただく場合があります。

企業顧問

当事務所では、中小企業の経営者の方が法的サポートを受けやすくするために、月額1万円からの顧問料で顧問契約をお受けしております。
(ただし、一定の作業時間を超えるとタイムチャージが発生します。)

弁護士の作業時間(1か月) 月額顧問料 追加料金(1時間あたり)
2時間まで 1万円 2万円
5時間まで 3万円
8時間まで 5万円

その他の事件

日弁連の旧基準に沿って弁護士費用をいただいております。

その他に必要となる費用

1.実費

実費とは、弁護士が事件処理のために要した交通費、郵便代、印紙代(裁判所への訴訟提起の際などに必要となります)のことをいいます。
これは、一定額を着手の時にお預かりし、残額を事件終了時にご返還する場合と、事件終了時に、報酬金とともに一括精算する場合とがあります。

2.日当

日当とは、弁護士が出張をする際にいただく費用です。
一日出張の場合で、3〜5万円、半日出張の場合で、2〜3万円頂いております。
(タイムチャージ制の場合は、日当は発生しません。)

3.手数料

当事務所では、公的機関、金融機関、その他の機関から証明書や記録の開示を受けた場合に、1通につき1000円〜5000円程度の手数料を頂いております。

無料相談で不安を安心へ

お一人で抱え込まずに弁護士にご相談下さい。
初回40分相談無料です。

無料相談の
ご予約はこちら
お電話からでも
082-222-0086 電話受付時間 AM9:00 ~ PM6:00
インターネットからでも
無料相談予約フォーム